アンカーテキストの分散はペナリスクを避けるため?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日は本文よりもメルマガで書いた
追伸の方が面白いと思います。

本文と同じか追伸の方が長いくらいです。

でも、追伸はメルマガ限定にしてるので、
ブログではカット。

メルマガが登録してもらったら、
バックナンバー読めますので、
興味があればどうぞ。

今日も読者さんから届いた
サイトアフィリのご質問を紹介します。

アンカーテキストの分散はペナリスクを避けるため?

読者さんからの質問

お忙しい中すみません。
なかじさんのブログ内容を
参考にアフィリに取り組んでいる者です。

早く良い結果を報告出来れば
と思っておりますが、
1点お聞きしたい事があります。

アンカーテキストに関しての質問ですが、
ブログで紹介されているように分散するのは
ペナルティリスクを避けるための意味合いが
大きいのでしょうか?

それとも、アンカーテキストを分散させないと
そもそも上がりにくいと感じている
という事なのでしょうか?

まず被リンクで順位を上げるという
経験をしたいので狙いKWズバリだけでリンクを
送ってみようと考えているのですが、
逆に効果が低いのであれば大変だと思ったので
質問させて頂きました。

よろしくお願い致します。

なかじからの回答

N様

アフィリノオトを運営しております。
なかじです。

お問い合わせありがとうございます。

ご質問いただいた件について、
回答させていただきますね。

>なかじさんのブログ内容を参考に
>アフィリに取り組んでいる者です。

参考にしていただけているようで、
ありがとうございます。

>アンカーテキストをブログで
>紹介されているように分散するのは
>ペナルティリスクを避けるための
>意味合いが大きいのでしょうか?
>それとも、アンカーテキストを
>分散させないと
>そもそも上がりにくいと感じている
>という事なのでしょうか?

どちらも、ですね。

アンカーテキストの割合が偏ると
ペナルティに引っかかりやすくなります。

そのためある程度の被リンク数が必要になると、
分散させないとペナるになる可能性が高いので、
結果的にアンカーテキストを
分散させることになります。

あとはアンカーテキストにしたキーワードで
SEOが上がるので分散することで、
いろんなキーワードで上位を狙える
というのもあります。

>まず被リンクで順位を上げるという
>経験をしたいので狙いKWズバリだけで
>リンクを送ろうと考えているのですが、
>逆に効果が低いのであれば
>大変だと思ったので質問させて頂きました。

上位表示するのに
必要な被リンク数によります。

例えば、被リンク5本で上位表示できそうなら、
5本全部同じアンカーテキストでもいいと思います。

数が少ないので、
そのくらいならペナルティの心配も少ないです。

仮に100本の被リンクのアンカーテキストを
すべて同じにするというのはやめた方がいいです。

ほぼ間違いなく
自動ペナルティに引っかかります。

仮に上位表示されていたサイトでも、
20~50位くらいまで下げられると思います。

アンカーテキストの分散には基準がなく、
人によってかなり分かれるので
なんとも言えませんが、20%以下というのを
目安にしている人は多い気がします。

同じアンカーテキストの割合が
20%を超えないようにするということですね。

ペナルティに引っかからないのであれば、
狙っているキーワードのアンカーテキストの
割合は高い方が上がりやすいと思ってます。

どこまでがOKでどこからがダメかという、
境目は自分自身で見極める必要があります。

私の場合はあくまで経験則だったり、
その日の気分でも違うため基準は
作っていないです。

以上になります。

今回はご質問いただきましてありがとうございます。
また何かあればお気軽にご質問ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

なかじ

ということで今日は
アンカーテキストの分散についてでした。

アンカーテキストの分散って、
すごく大事だと思ってます。

私みたいに低品質バックリンクサイトを
量産するようなスタイルだと、
バックリンクサイトの質でのSEO効果って
ほとんど見込めません。

そうすると外部対策は
被リンクを打つペースとアンカーテキスト
の比重が必然的に大きくなります。

個人的に思っているのは
上位表示させたいキーワードでは
アンカーテキストはなるべく偏らせる、
けど、飛ばされないくらい。

が、今の私が考えてることです。

どのくらいの比率でやったらいいの?
ということですが、これは分かりません。

私も模索中です。

ただここ数ヶ月で色々やってきて、
個別ページの被リンク数はかなり数を
少なくする方がいいという結論です。

トップページに比べて個別ページは
簡単に飛ぶ印象があります。

被リンクを個別ページに貼ることで、
個別ページでも上位表示が狙えます。

例えばトップページが上位表示していれば、
個別ページに5本リンクを送るだけで、
個別ページが商標で上位表示できたり。

前にあったんですが、
個別ページに被リンクを5本打って、
商標で10位に入ったことがあったんです。

その時点で結構アクセスがあったので、
このまま上位表示したら、
もっとアクセス増えるな、
うっしっし、と。

それで欲をかいて、
その個別ページに2ヶ月合計で10本くらい
被リンクを打ったら、
最大瞬間風速91m/sの勢いで
20位まで飛ばされました。

トップページだと月5本くらい打っても、
飛ばされたことないですが、
個別ページはダメなんだなぁと。

しかもその時はアンカーテキストも
商標ドンピシャのものだけでした。

被リンク数も少ないからいけるだろう
と思ってましたが甘かった・・・。

なので今は個別ページには、
多くても5〜10本しかリンクを送ってません。

アンカーテキストはかなりバラします。
同じアンカーテキストは3〜5本くらい?

まだ試行錯誤しているところなので、
かなり気分次第ですが、
被リンク数で変えてます。

アンカーテキストをどうするか。

被リンクはどのくらい打つのか。

というのは、
ブラック手法のサイトアフィリの永遠の課題で
人によってものすごい差が出る部分です。

時期によっても違うと思うので、
これだけは試行錯誤しながら考えていくしか
ないだろうなと思ってます。

飛ばされたら次にいかしましょう。

アメニモマケズカゼニモマケズ、です。

七転び八起きなアフィリライフを。

それでは本日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログでは書けないブラックな話

サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。

ブログでは書けなかったブラックな話や書ききれなかった裏話まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。

メルマガの無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す