運営数ヶ月で月数千円の報酬があるホワイトサイトにブラックSEOを取り入れるべき?

昨年の11月よりホワイトハットでアフィリエイトを始めた者です。

過去に無料ブログは何度か運営した経験はありました
(そこでアフィリエイト報酬を受けた事もございます)。

昨年11月よりWordpressも全く触った事もない状態で、ホワイトハットSEOでサイト作成し、記事数30記事程で、アクセスがデイリー10pvくらいになってきました。

ようやく今月になって数千円ですが報酬が発生しました。

まだまだミクロの成長ですが、記事をもっと入れてアクセスも報酬も増やそうと
思っています。

そんな中、なかじ様のブラックSEOのブログをあらかた読ませて頂きまして、目から鱗でした。今度はブラックに挑戦したいと思います。

私が行ってみようと思うブラックSEOの概要として、すごくざっくりですが、メインサイトの記事数20~30記事で、キラーページ1万文字、その他ページが1500文字くらいでキチッとサイトを作成し、リンクをIP分散サーバーから5本くらい
送ってみて、順位が上がりそうであればさらにリンクを5本くらい送ってみようかなと思っています。

と、口で言うのは簡単ですが、結構大変だと思います。

リサーチやWordpressやサイト設計、外注など初めての事に悪戦苦闘したので、次にサイト作成する時はもっと簡略化出来るとは思います。

しかし、20~30記事と言えども、アフィリエイトサイトを作成するのは結構大変です。

やはり愛着が湧いてしまいます。

そこで、

・20~30記事のサイトを立ち上げる
・ブラックSEOで順位を上げる事が出来た
・報酬もそこそこ出ている
・リンクを外して記事を増やせそうなら増やす。
・記事数は100記事でも200記事でも可

この様な感じでブラックとホワイトの中間のグレーSEO(そんな名前はないですが)のやり方はいかがでしょうか?

もちろん横展開も重要ですし、リンクを外して順位が下がる懸念点もあると思います。


なかじからの回答

こういう相談かなり多いんですが、リンクSEOはせずに今のホワイトハットを継続させることをおすすめします。

ご存知の通り、リンクSEOにはメリットもデメリットもあります。どのくらいの期間でどのくらいの収益を目指すかによりますが、話を聞いている限りはそこまで短期間に収益を上げなければいけない印象も受けませんでした。

ホワイトハットで数千円の報酬があったということは、少なからずGoogleからサイトを評価されているということです。

そのため無理にブラックSEOの要素を取り入れなくても、今のサイトがさらにいいサイトになるように改善していく方がリスクも低く確実かと思います。

確かに自演リンクを使えば一気に収益が伸びる可能性もありますが、ペナルティを受けて苦労して作ったサイトが死んでしまう可能性もあります。どうなるかはわかりませんが、今のサイトがそこまで来ているなら、もうしばらくホワイトで運営していくことをオススメします。

月数千円の報酬が発生するって嬉しいことですよね。それをモチベーションにしてサイト更新頻度を上げて、記事の質を上げると報酬はさらに伸びると思いますよ。

1年間ホワイトサイトを運営しても報酬0円という人もたくさんいますから、センスはあると思います。変に別の手法に逃げずに今の手法を継続させてください。

質問内容の回答ではありませんが、変にブラックSEOに期待を持たせるべきではないと思い割愛させていただきます。

このQ&Aにコメントを投稿


あわせて読みたいQ&A

あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

カテゴリー一覧

  • 新着Q&A
  • ライティング
  • 初心者
  • 戦略
  • サイト設計
  • サイト運営
  • ジャンル
  • 商品
  • キーワード(クエリ)
  • 外注
  • ツール
  • SEO対策
  • ブラックSEO
  • 自演リンク
  • アンカーテキスト
  • ペナルティ
  • IP分散
  • サテライト(バックリンク)
  • 中古ドメイン
  • アドセンス
  • 広告
  • その他
  • ブログでは書けないブラックな話

    サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
    ブログでは書けなかったブラックな話や書ききれなかった裏話まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


    メルマガの無料登録はこちら

    SNSでもご購読できます。