純広告はどれくらいのPVがあればお話をいただけるのでしょうか?

質問日時:2018/3/3

純広告はどれくらいのPVがあればお話をいただけるのでしょうか?


なかじからの回答

純広告には費用対効果が全てです。PV数はほとんど関係ありません。

PV数が少なくても特化サイトなら広告を出稿する可能性もありますし、PV数が多くても広告出稿しない可能性もあります。

雑記ブログは純広告を取りにくいと言えます。なぜなら、訪問するユーザーの属性がバラバラだからです。

仮想通貨特化サイトで1万PVのサイトと雑記ブログで100万PVのサイトがあるとします。純広告を出したい仮想通貨取引所ならほぼ確実に仮想通貨特化サイトに高い広告費を出すはずです。

仮想通貨特化サイトの1万PVはその全てが仮想通貨に興味のあるユーザーと言えますね。しかし、雑記ブログに訪れる100万PVのうちどれだけが仮想通貨に興味があるかは分かりませんね。

そうなると費用対効果も読みにくいので仮想通貨特化サイトの方が広告費を出しやすいです。

私もいろんなサイトに純広告を出してきましたが、費用対効果の良い雑記ブログはなかなかありません。やはり属性がぴったりあったものが費用対効果は圧倒的に高いです。

私が純広告を出すのであれば、アフィリエイト属性のユーザーが集まるようなサイトということになります。PV数はあまり関係ありません。広告費には大きく影響しますが、PV数が少なくても純広告を出稿したいと思うはずです。

このQ&Aにコメントを投稿


あわせて読みたいQ&A

あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

カテゴリー一覧

  • 新着Q&A
  • ライティング
  • 初心者
  • 戦略
  • サイト設計
  • サイト運営
  • ジャンル
  • 商品
  • キーワード(クエリ)
  • 外注
  • ツール
  • SEO対策
  • ブラックSEO
  • 自演リンク
  • アンカーテキスト
  • ペナルティ
  • IP分散
  • サテライト(バックリンク)
  • 中古ドメイン
  • アドセンス
  • 広告
  • その他
  • ブログでは書けないウェブ戦略と思考

    サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
    ブログでは書けなかった裏話や書ききれなかったウェブ戦略まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


    メルマガの無料登録はこちら

    SNSでもご購読できます。