公開されている「workhacker」というサイトはブラックSEO…

公開されている「workhacker(ワークハッカー)」というサイトはブラックSEOではないように感じました。

拝見していて、内容等のクオリティがとても高く感じました。

このようなサイトの場合は、「クオリティが高く長期的に成長させたいサイトの場合は、リスクを冒してまでブラックで攻める必要性はない」ということでしょうか?

アフィリエイト初心者で、このサイトに作戦上どのような意図が含まれているのか読み取ることができませんでした。

差し支えなければご教授願えませんでしょうか。


なかじからの回答

workhackerについては確かに自演リンクを使うブラックSEOは一切やっていませんね。そういう意味では一般的にいうホワイトハットSEOだと思います。

内容やサイトのクオリティが高いと言ってもらえるのは、とてもうれしいです。

別にクオリティとかリスクとかそういうことは一切関係ないです。ブラックSEOもやってますし、ホワイトSEOもやってます。そのサイトはたまたまホワイトだったというだけの話です。

もしSEOがうまくいかずに上位表示できなければ、そのサイトもブラックSEOを使う可能性もあります。そういう意味でブラックSEOを知っているというのは本当に強いと思います。

ブラックSEOもホワイトSEOもほとんど変わりはありません。被リンクを自分で増やすかどうかだけの話です。

以前とはGoogleのアルゴリズムも大きく変わってますし、ホワイトハットでも順位を大きく下げられるケースが乱発してますね。当然ブラックSEOにもペナルティのリスクがあります。

魂込めて作ってた1サイトがアルゴリズム変動で飛ぶか、魂込めて作ってた50サイトがペナルティで飛ぶかの違いです。どっちのリスクが大きいと思うかは人によりますので、個人の性格で選べばいいと思います。

このQ&Aにコメントを投稿


あわせて読みたいQ&A

あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

カテゴリー一覧

  • 新着Q&A
  • ライティング
  • 初心者
  • 戦略
  • サイト設計
  • サイト運営
  • ジャンル
  • 商品
  • キーワード(クエリ)
  • 外注
  • ツール
  • SEO対策
  • ブラックSEO
  • 自演リンク
  • アンカーテキスト
  • ペナルティ
  • IP分散
  • サテライト(バックリンク)
  • 中古ドメイン
  • アドセンス
  • 広告
  • その他
  • ブログでは書けないブラックな話

    サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
    ブログでは書けなかったブラックな話や書ききれなかった裏話まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


    メルマガの無料登録はこちら

    SNSでもご購読できます。