サイト設計に関するQ&A

カテゴリー表示
全2件中1〜20件を表示中 | 回答済み | 閲覧多い順 | 古い順 | 条件解除

あわせて読みたいQ&A

あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

カテゴリー一覧

  • 新着Q&A
  • ライティング
  • 初心者
  • 戦略
  • サイト設計
  • サイト運営
  • ジャンル
  • 商品
  • キーワード(クエリ)
  • 外注
  • ツール
  • SEO対策
  • ブラックSEO
  • 自演リンク
  • アンカーテキスト
  • ペナルティ
  • IP分散
  • サテライト(バックリンク)
  • 中古ドメイン
  • アドセンス
  • 広告
  • その他
  • ブログでは書けないブラックな話

    サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
    ブログでは書けなかったブラックな話や書ききれなかった裏話まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


    メルマガの無料登録はこちら

    SNSでもご購読できます。

    サイト設計に関するQ&A

    同じクエリを狙った記事を複数書かない方がいい?その他

    クエリを食い合うので同じキーワードで複数の記事を書かない方がいいと思いますか?

    長文で構成した場合、googleが拾うのは一部だとも聞いたことがありました。

    また、ランキングページを作る際、そのランキングにした理由をランキング上にポイントとしてのせてしまうとランキングまでの距離が長くなるので完結にしましたが、いまいち制約も遠くなっている気がしています。

    その商品を選ぶまでのポイント等はあくまで別記事にして、ランキングページはもう購入良くが高まった状態で最終的に見せる程度でいいとおもいますか?


    なかじからの回答

    >クエリを食い合うので同じキーワードで複数の記事を書かない方がいいと思いますか?

    まったく同じキーワードで記事を書く意味ってないですよね。

    仮に何も考えずに思いついたままに記事更新するとそういう重複したような記事が存在することになります。が、サイト設計とかをきちんとしていれば、そういうキーワードが重複するページは避けられるかと。

    クエリを食い合うほどに複数の記事が上位表示できるのであれば、それはそれでいい気がしますが・・・現実的にはそんな状況って起こらないですよね。

    言い方は悪いかもしれませんが、重複したクエリの記事を書く人がバンバン上位表示できるとは思いませんので。

    >長文で構成した場合、googleが拾うのは一部だとも聞いたことがありました。

    質問にしてください。何を回答すればいいかがまったく分かりません。「拾う」「一部」というのも具体性がなく分からないです。

    >ランキングページを作る際、そのランキングにした理由をランキング上にポイントとしてのせてしまうとランキングまでの距離が長くなるので完結にしましたが、いまいち制約も遠くなっている気がしています。

    それは検索意図によります。

    「xx ランキング」のようなクエリならいきなりランキングでも問題ないこともありますが、ほとんどのクエリではランキングが最初にあるのは不自然で検索意図にはマッチしていません。

    その辺については以下の記事を読んでください。

    “キーワードから成約までの距離”とサイト構成の考え方

    >その商品を選ぶまでのポイント等はあくまで別記事にして、ランキングページはもう購入良くが高まった状態で最終的に見せる程度でいいとおもいますか?

    そんなことはないです。ランキングページで購入欲求を高めるということもできます。そのためにランキングの前に購入欲求が高まるようなコンテンツを置くわけです。

    私がいい記事だと思うのは、全体的な内容を複合して書いたページですね。ただ詳細を書くと1ページが長くなりすぎるので、そこは内部リンクをうまく使って個別記事に誘導します。

    全部を個別記事にするのはユーザビリティ(使い勝手)も良くないので、注意が必要です。

    ランキングを掲載した商標サイトはブラックSEOは向いてない?

    例えば、「ヒゲ脱毛」の商標サイトを作成するとしたら、サイトタイトルは、【ヒゲ脱毛は○○○○クリニックで決まり!】の様な一社のみを紹介する形が良いでしょうか?
    ※サイトタイトルは適当に考えたのものです

    私はランキング形式で、メリットデメリットなどを記載しつつ3社ほど紹介したいなと思うのですが、こういったランキングや比較サイトはブラックSEOには向かないのでしょうか?

    ランキング形式だと、【アラサー男のヒゲ脱毛体験記 -主要3社徹底比較!-】の様なものだとタイトルに商標が含まれないので、結局何で順位を上げたいのか分からなくなるのでブラックSEOには向かないという解釈で宜しいでしょうか?


    なかじからの回答

    んー、なにか根本的な勘違いをしているような印象です。

    「商標サイトなら狙うキーワードは商標」です。

    ヒゲ脱毛でゴリラ脱毛を扱うなら「ゴリラ脱毛が男性のヒゲ脱毛にはオススメの3つの理由」みたいなサイトを作ります(適当です)。

    そもそも商標サイトでランキングって必要ないですよね?

    なぜなら、ゴリラ脱毛のことが知りたくて検索してサイトに来ている人に別の脱毛サロンを教えるのは迷わせるだけです。要するに単純に成約率が下がります。

    商標サイトでランキングを掲載してはいけないわけではありませんし、私も掲載することもありますが、そういうことを理解した上で掲載しないといけません。

    ランキングサイトや比較サイトであれば、「ヒゲ脱毛ができる脱毛サロンランキング5選」みたいなサイトになります。狙うキーワードは「ヒゲ脱毛 ランキング」とか。

    そういったキーワードをブラックSEOで狙うことはもちろんありです。そういったキーワードはむしろホワイトハットよりリンクSEOの方が向いていると思いますね。

    商標サイトにランキングを掲載するとしても、それをサイトタイトルにすることはありませんね。商標を狙うなら商標に特化したサイトタイトルにする方が魅力的に見えますので。

    その辺のことは検索意図やサイト設計と深く関わってくるので、ものすごく長くなってしまいます。

    以下の記事を読んでみてください。

    “キーワードから成約までの距離”とサイト構成の考え方