【悪用厳禁】ブラックハットSEOを駆使して、サイトアフィリエイトで月20万円稼ぐ方法(後編)

【悪用厳禁】ブラックハットSEOを駆使して、サイトアフィリエイトで月20万円稼ぐ方法(前編)」からの続きです。

ブラックハットSEOの初心者が重視することはスピード感。とにかく手を止めないことが重要です。

ブラックSEOだとペナルティの心配される方も多いのですが、ペナルティは上位表示できるようになってから考ればOK。SEOで上がらうちはペナルティの心配など無用です。

そんなことよりサイト作って、ガンガンSEO対策を始めていきましょう。最初はサイトを作り込まずに、まずは形だけ作って同時平行でSEO対策していってもいいです。

SEO対策には時間がかかるから、その間に作り込めばOKです。

ワードプレスでメインサイト構築

よほど理由がない限りは、基本的にはワードプレスを使いましょう。わたしもアフィリエイトサイトは全てワードプレスを使っています。

最近ではサーバーに自動インストール機能があるから、専門的な知識がなくても誰でも簡単に始められます。

ワードプレスには色々とテーマがあるので、お気に入りのテーマを使えば、綺麗なサイトを誰でも簡単に作ることができます。

ここではひつじさんの作ったJINをオススメしておきます。わたしも使っていますが、使いやすいです。カスタマイズとかしなくても綺麗なサイトがすぐできるのが嬉しいですね。

JIN(ジン)|真の使いやすさを追求したWordPressテーマ

サイト名には確実にターゲットキーワードを入れてください。商標サイトならタイトルに商標を含めます。

タイトル付け方

サイトタイトルの決め方は奥が深いので、ここでは解説しきれません。

3つの重要なポイントをあげれば「キーワードを含める」「文字数は32文字程度」「ユーザーにとって魅力的なもの」です。

商標サイトなら、商標+効果、口コミなどのキーワードをタイトルに含めます。

長すぎるタイトルは良くないので、文字数も32文字程度がオススメです。ただし40文字だと上位表示できないわけではありません。あくまで32文字程度を目安にというだけです。

ユーザーにとって魅力的なタイトルというのも絶対におさえておいてください。個人的に魅力的なタイトルはSEO対策でも上位表示されやすい印象があります。

検索エンジンだけを意識したタイトルはNGですので、ご注意ください。

ただしタイトルで悩みすぎて3日間手が止まってしまうということがないようにしてください。それは時間の無駄なので、手を止めるくらいなら他の作業しながら考えましょう。

トップページに書くべき内容

メインサイトのトップページに何を書くのかということですが、SEO1〜10位までのサイトのトップページに書かれている内容はなるべく盛り込むようにします。

検索意図や成約での流れを考えて書かなければいけないのですが、初心者のうちからそれを意識するのはなかなか難しいと思います。

そこでライバルサイトを参考に書くというのがおすすめです。

例えばライバルに体験レビューのようなコンテンツがあれば、自分のサイトにもそれを入れます。成分について書いてあれば、自分のサイトにも成分について書きます。

ただしパクるのではなく、どのような内容について書けば良いのかを調査します。

SEO対策は相対評価なので、内容的にライバルサイトに負けないものを作りましょう。ライバルサイトに負けていると思った時点でSEO対策では勝てないので、できる限り作り込みましょう。

サイト制作時の参考になる記事

アフィリノオトで書いた記事で参考になりそうなものを紹介しておきます。

基本的な文章の書き方・・・ターゲットを意識した文章の書き方
成約率が高い文章を書く・・・ベネフィットライティングと潜在的な検索クエリをペルソナから考える方法
記事構成を考える・・・“キーワードから成約までの距離”とサイト構成の考え方

商標サイトではあまり関係ありませんが、サイト設計をがっつり学びたいなら「コンテンツSEOに強いサイト設計とSEO対策で理想的なリンク構造【失敗例も公開】」がおすすめです。

商標サイトの成約率のトップページはコチラ

商標サイトで成功しているページ構成を以下で公開しています。もし、検索意図や成約率の高いページ構成を考えられないようなら参考にしてください。

検索意図が理解できない初心者のための商標サイト&記事設計図

メインサイトの記事作成(10記事)

重要なトップページは自分自身で書くことが多いのですが、個別ページに関してはクラウドワークスなどの外注さんに任せることが多いです。

個別記事に何を書くかということですが、「【アフィリノオト式】ユーザビリティと内部リンクを意識した個別記事戦略」が参考になります。

基本的に商標サイトではトップページで書いた内容が軸になります。そのため、その記事の補足や詳細を個別記事で書くイメージだと書きやすいと思います。

10記事というのは、とりあえず10記事という意味です。10記事で上位表示できるわけではないです。必要に応じて記事を書いていきます。

ただしブラックSEOの場合は、被リンクを効果時に集められるので、ホワイトハットSEOよりも全体の記事数は少なく済むことが多いです。この辺りはブラックSEOのメリットと言えます。

トップページでも内容を完結させる

個別記事に詳細を書くといっても、トップページだけでもしっかり内容が完結している必要があります。

トップページに概要だけ書くのではなく、概要と重要なポイントもトップページに書きます。あくまで個別記事にはさらに詳細な内容を書くということです。

そうする理由はトップページが長くなりすぎる=読みにくくなるのを防ぐ目的です。

1記事当たりの文字数と費用目安

個別記事の文字数は2,000〜5,000文字程度を目安にしましょう。

重要なことは文字数ではなく、ユーザーの役に立つ内容がしっかり書けているか。文字数はあくまで目安なので、注意してください。

外注ライターを活用

ブラックハットSEOなら、外注ライターさんを活用するのがおすすめです。

サイトの立ち上げとトップページに時間を使って、個別記事を外注ライターさんに依頼して効率化しましょう。

外注ライターに依頼する場合は文字単価1円以上が目安になります。私の場合は2円以上でお願いすることが多いです。

文字単価1円以下だと文章の質が低いことが多くなるので注意しましょう。文字単価0.5円以下になると、コピペ納品も増えるので要注意。

修正なしで公開できる記事を外注ライターさんに書いてもらうのはかなり大変なので、個人的にはそれなりの記事をスピーディに納品してもらえる外注ライターさんがオススメです。

イメージは完成度7割の記事を納品してもらって、残りは自分でチェックしながら修正加筆していく感じです。

ただしあまりに修正加筆の量が多くなると外注ライターさんの意味がないので、そこはバランスを取りましょう。

外注ライターは「クラウドワークス」や「ランサーズ」で探しましょう。

もしくはライターをやっている知り合いがいれば、知り合いに依頼するのが一番オススメです。

外注記事のコピーチェックは必須!

外注ライターさんに納品してもらった記事は絶対に「コピペリン」などでコピーチェックしましょう。

完璧にコピーチェックができるわけではありませんが、かなり精度は高いと思います。

外注ライターさんによっては全文もしくは記事の一部を他サイトからコピペしてくるケースも多いため要注意です。

バックリンクサイト用に中古ドメイン購入

バックリンクサイトには中古ドメインを使うのがオススメです。

新規ドメインや無料ブログからのリンクよりも、中古ドメインからのリンクの方がSEO効果が高い実感があります。

最近では当たり中古ドメインでメインサイトを作ると、自演リンクなしでも上位表示できるケースもありますが、全部がそのようにうまくいくわけではありません。

中古ドメインの取得方法は、自分で取得するか販売業者で購入するかのどちらかです。

しかし、この記事を読んでいる人は中古ドメインを自分で取得するのではなく、中古ドメイン販売業者で買いましょう。自分で中古ドメイン選定できる人は、この記事を読んでいないと思いますので。

中古ドメインの選定基準は人により個人差があり、アフィリエイト経験がかなり必要です。そのため費用を安く済ませたいとはいえ、中古ドメインを取得するのに時間を使うのは得策ではありません。

きちんとした中古ドメインを取得できるなら問題ありませんが、それができないなら中古ドメイン業者で買うのが一番いいです。

うちでも中古ドメインを扱っているので、もしよければどうぞ。

アフィリノオトの中古ドメイン

「高い中古ドメイン=SEOに強い中古ドメイン」ではない

中古ドメインの価格とSEOの強さは比例しません。

10万円で買った中古ドメインより2000円で買った中古ドメインの方がSEOで強かったという話もよくあります。

確率的には高い中古ドメインの方がSEOに強い可能性は高いですが、それがそのまま上位表示に繋がるわけではないというのは覚えておきましょう。

予算がない場合は、どうする?

「ブラックハットSEOをしたいけど、予算がありません」という相談がよく届きます。

基本的に被リンクを買うことで時間短縮するイメージなので、予算がない人がブラックハットSEOをするのは基本的にオススメしません。

しかしどうしてもやりたい場合には自演リンクに中古ドメインを使わず、無料ブログを使いましょう。

無料ブログでもブラックSEOで月20万円以上稼いだ人も知っているので、SEO効果がないわけではありません。

ただし無料ブログを使うなら、トップページや個別記事の質を高くするなどバランスをとる必要があります。

バックリンクサイトの記事作成

バックリンクサイトを構築するには記事が必要になるので、先にバックリンクサイト用の記事を用意しておきましょう。

私はバックリンクサイトの記事は全て「PSW」というツールで作成しています。

そんなので上位表示できるのかと思うかもしれませんが、上位表示できています。

もちろん質が高いバックリンクサイトの方がSEO効果も高いため、サイトも記事もお金をかけて作るのが一番いいです。ただそこまでするにはお金も人の手もかなり必要なため、私はやっていません。

PSWを使うと、ボタンひとつで100記事でも1000記事でも一瞬で作成できます。

ただしPSWがいつまでが使えるかは分かりません。

そのうちコピーコンテンツや質の低いコンテンツとしてペナルティを受ける可能性もあります。PSWが使えなくなったらバックリンクサイトの記事も外注記事を使う必要があります。

そうなるとPSWの何十倍もお金がかかってブラックSEOのハードルが上がるので、使える今のうちに使い倒しておく方がいいと思います。

バックリンクサイトの構築

バックリンクサイトの構築は効率化との戦いです。機械的な作業が多くなるので、効率よく作業できるように心がけましょう。

箇条書きだと以下のような手順になります。

  • IP分散サーバーに中古ドメインを登録
  • ワードプレスをインストール(自動インストール機能)
  • ワードプレスに記事を投稿
  • ワードプレスのテーマを分散

記事投稿

ワードプレスのインストールが終わったら、PSWで作成した記事を投稿していきます。

Really Simple CSV Importer」というプラグインを使うと記事を一括インポートできて便利なので、オススメです。

テーマ分散

バックリンクサイトのテーマ分散に関して、すべてのサイトのテーマをバラバラにする必要はありません。10〜20程度よく使うテーマを決めておいて、使いまわせば問題ないです。

全部のテーマをバラバラにするのは時間の無駄なのでやめましょう。

バックリンクサイトの具体的な構築方法を知りたい場合は「バックリンクサイト構築法と自演リンクの貼り方」を読んでください。

セキュリティ対策

バックリンクサイトでも最低限のセキュリティ対策はしておきましょう。ワードプレスは、そのままだと管理者ログインIDが外部に漏れる可能性があります。

Edit Author Slug」というプラグインを導入しておきましょう。

バックリンクサイトからメインサイトにリンク

バックリンクサイトができたら、上位表示したいメインサイトにリンクを貼ります。

アンカーテキストはターゲットキーワードを中心に適当にバラしましょう。「商標」「サイト名」「商標+複合キーワード」。

SEOにおいてアンカーテキストは重要です。アンカーテキストにしたキーワードの検索順位が上がると考えればOKです。

ただしアンカーテキストが重複しすぎるとペナルティを受ける可能性が高くなりますが、アンカーテキストがバラバラすぎてもSEOは上がりにくい印象があります。

全く見当がつかなければ、同じアンカーテキストを5本以上使うのは避けましょう。

定期的に検索順位をチェック

作業が一通り終わったら、「GRC」などの検索順位チェックツールを使って、検索順位の推移を毎日チェックしましょう。

検索順位の推移を見ながら、サイトを作り込んだり自演リンクを増減させるなどの対応をしていきましょう。

アフィリエイトの確定申告と税金

アフィリエイトで稼げるようになると確定申告をして税金を払わなければいけません。アフィリエイトは誰でもできる分、税金や簿記の知識がほとんどなく苦労される方も多いです。そんな方のために確定申告と税金の話を網羅的に書きました。

アフィリエイトに関連した税金の話をかなり詳しく書いていますので、参考にしてください。

税理士監修!アフィリエイトの確定申告と税金【税理士が教えるお金の話】

ブログでは書けないウェブ戦略と思考

サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
ブログでは書けなかった裏話や書ききれなかったウェブ戦略まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


メルマガの無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター スパイク より:

    こんばんわ。

    ブログの内容が濃いので何度も読み返し、勉強になります。

    早速バックリンクサイトの作成に取り掛かっているのですが、SSL化はどうしてありますか?

    中古ドメインの購入が初めてなもので‥。

    ちょっと気になり質問させていただきました。

    よろしくお願い致します。

    1. なかじ なかじ より:

      コメントありがとうございます。
      私はバックリンクサイトのSSL化はしていないですね。
      やる方がいいと思いますが、
      まだそこまで手が回っていない感じです。
      そのうちSSL化すると思います。

  2. なかじ なかじ より:

    だい様
    コメントありがとうございます。
    ケースバイケースですね。
    ほとんどは最初は承認不要のものから始めます。
    運営する中で承認が必要なものがあれば、
    申請して承認を待ちます。
    ものによっては承認までに4ヶ月待つものも
    あるのでなるべく時間をロスしないように
    順番は考えて作業しています。

  3. アバター だい より:

    こんにちは!! 大変参考になりました!
    目から鱗です><

    1 点質問がありまして、
    日頃から気になっていたのですが、ASP申請の順番になります。

    ASPの商品によっては承認制のものがあります。
    サイトをある程度つくらないと承認されないのですが、
    承認不要の商品を選んでらっしゃるのでしょうか。

  4. なかじ なかじ より:

    Shiba様
    コメントありがとうございます。

    本当にはサーチコンソールに
    登録できるといいんですが、
    リスクを考えると難しいですね。

    また何かあればコメントください。
    引き続きよろしくお願いいたします。

  5. アバター Shiba より:

    なかじ様
    ありがとうございます!
    確かに、実際に記事あげてみ検索してみればわかることですね。
    今後共よろしくお願いいたします。

  6. なかじ なかじ より:

    Shiba様

    コメントありがとうございます。

    私はサーチコソールへの登録は
    行なっておりません。

    サーチコンソールへ登録すると
    ペナルティなどのリスクが上がる
    可能性があると言われるからです。

    ペナルティを受けているかどうかは
    アップロードしてみて、
    インデックスされるかどうかで
    判断しています。

    あとはサイトタイトルで検索し、
    上位表示されるかでも
    判断ができるかと思います。

  7. アバター Shiba より:

    なかじ様

    はじめまして!大変ためになる情報ありがとうございます!
    こちらで学んだことを実践すべく、最近コツコツと中古ドメインを購入してサテライト作成に励んでおります。

    ご質問ですが、購入した中古ドメインはGoogleウェブマスターツールへの登録は行ったほうが良いのでしょうか?

    インデックス状況を確認するためと、ペナルティを受けてないかの確認の為、Googleウェブマスターツールへ登録したりするのですが、同一Googleアカウントのウェブマスターツールに中古ドメインをどんどん登録することが、問題になりそうで今後どうしようか迷っております。。

    なかじ様はどのように中古ドメインのインデックス状況やペナルティ受けてないかを確認されておりますでしょうか?

    それでは今後もサイト楽しみに拝見いたします!
    よろしくお願いいたします。

  8. なかじ なかじ より:

    おっきーさん

    コメントありがとうございます。
    またPSWも購入いただいたようで、
    感謝いたします。

    同一IPの上限数は特に決めてないです。
    上限数というよりは予算のバランスで
    考えられる方がいいです。

    分散できるなら全てバラバラの方がいいですが、
    私は気にしていません。

    ただ2つに1つが同じIPアドレスというのは
    やめた方がいいと思います。

    私の場合は基本的に相互リンクはしません。
    ペナルティのリスクが大きいからです。

    ただずっと上位表示できない場合は、
    とんでもいいと割り切った場合には、
    メインサイトからメインサイトへリンクを
    送ることもあります。

    ただその場合も相互リンクというよりは、
    一方的にリンクを送ります。

    また何かあれば聞いてください。
    よろしくお願いいたします。

  9. アバター おっきー より:

    なかじさん、いつも興味深く拝見させていただいてます。
    早速、PSW購入しました!
    これのお陰でバックリンク制作、更新がとても楽になりました!ご紹介ありがとうございます!
    ちょっと質問なのですが、IP分散について2個のドメインが同一IPになっても問題ないと言っていますが、上限でどれくらいまでなら大丈夫とお考えでしょうか?
    また、上位表示サイトを調べていると同一IPのメインサイト同士で、相互リンクしてるものが散見されるのですが、相互リンクは当てますか?
    何卒、よろしくお願い致します!

  10. なかじ なかじ より:

    長谷川様

    コメントありがとうございます。

    >現在、物販と情報商材で月10万円を
    >コンスタントに稼げるようになってきているところです。

    すでに結果出されてるんですね。
    素晴らしいです。

    >なかじさんの記事はあまり語られることがない
    >ブラックSEOの具体的なやり方に言及していて、
    >アフィリエイターとしては見逃せない内容のように感じています。

    そういっていただけると嬉しいです。

    >・ひとつのサテライトブログからのリンクは1つだけでしょうか?
    >つまり、全15記事ほど投稿するけど、
    >リンクを貼るのは1つの記事だけということなのでしょうか?

    記事内で言及したかと思いますが、
    私はある程度使い回します。

    サテライトサイトから
    多いと5本くらいリンクを貼ります。

    1バックリンク1サイトの方が
    ペナルティのことを考えればいいですが、
    費用とのバランスもありますので。

    >販売しているものなのでしょうか?
    >それともノウハウとして自分で構築していくものなのでしょうか?

    販売されているものではありません。

    私は自分でプログラムを組めるので、
    自分で仕組みを構築しました。

    こちらは売ってほしいという
    コメントもよくいただくのですが、
    メンテナンスの観点などから
    販売予定などはありません。

    よろしくお願いいたします。

  11. アバター 長谷川直哉 より:

    なかじさん、はじめまして。

    ブログ大変興味深く読ませていただいています。

    当方、2015年12月からアフィリエイトをはじめました。

    おそらく年齢は近いのではないかとおもいます。

    現在、物販と情報商材で月10万円をコンスタントに稼げるようになってきているところです。

    なかじさんの記事はあまり語られることがないブラックSEOの具体的なやり方に言及していて、アフィリエイターとしては見逃せない内容のように感じています。

    いつも貴重なお話ありがとうございます。

    「サイトアフィリエイトで月20万円稼ぐ方法2」の記事について2つほど質問させてください。

    ・ひとつのサテライトブログからのリンクは1つだけでしょうか?

    つまり、全15記事ほど投稿するけど、リンクを貼るのは1つの記事だけということなのでしょうか?

    ・バックリンクサイト量産を効率化!の項のことですが、100個のバックリンクサイトがワードプレスのインストールから被リンク付けまで3時間くらいで構築できるような仕組みをつくっているとのことですが、ぜひこの仕組みを使う方法を教えていただけますでしょうか?

    販売しているものなのでしょうか?

    それともノウハウとして自分で構築していくものなのでしょうか?

    ぜひよろしくおねがいしますm(__)m

    長谷川

  12. なかじ なかじ より:

    CHiさん

    どこに時間を使うかは人により違いますが、私の場合はバックリンクにはなるべく時間を使わないようにしています。記事もお役に立っているようで何よりです。
    こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

  13. アバター CHI より:

    はい、特典メールも届きました。ありがとうございます。
    同時にご紹介されていた「Really Simple CSV Importer」がめちゃ便利ですね。

    なるほど、他のことのに時間を優先しているのですね。
    たしかに割り切って別のメインサイト作るなりに時間当てるべきかもですね。

    そんなお忙しい中、ご丁寧にコメント返信していただき、ありがとうございます!
    ここ1週間位で5周くらい読ませてもらってます。

    こちらこそ、今後共よろしくお願い致します。

  14. なかじ なかじ より:

    >また、このなかじさんブログからPSWを購入させていただきました。
    PSWをご購入いただきありがとうございます。
    特典メールも届いてますでしょうか?

    もし特典請求がまだなら、
    よければ特典も請求してください。

    >バックリンクサイトにPSWで生成された記事を入れる際、
    >文章の体裁(改行や記事タイトル修正)などはしてますか?

    いえ、私の場合は何もしません。
    している人もいるようですね。

    >そのままぶっこむと不格好で不自然な印象もあるのですが、
    >そこは別にインデックスや被リンクに影響するところではない、
    >と判断してなにもしないですか?

    影響しないとは言いませんが、
    そこに時間をかけるなら他に時間をかける方が
    効果があると思うからですね。
    そこは割り切っています。

  15. アバター CHI より:

    >いえ、登録はしていません。
    >おっしゃる通りにペナ対策ですね。
    ありがとうございます。やはりそうでしたか。
    大変勉強になります。

    また、このなかじさんブログからPSWを購入させていただきました。
    バックリンクサイトにPSWで生成された記事を入れる際、文章の体裁(改行や記事タイトル修正)などはしてますか?

    そのままぶっこむと不格好で不自然な印象もあるのですが、そこは別にインデックスや被リンクに影響するところではない、と判断してなにもしないですか?

  16. なかじ なかじ より:

    CHIさん

    ご質問ありがとうございます。
    参考にしていただけて嬉しいです。

    >この手法で作ったメインサイトは
    >アナリティクスやサチコなどに登録していますか?

    いえ、登録はしていません。
    おっしゃる通りにペナ対策ですね。

    アクセス解析には
    i2iなどを使用しています。

    主には1日のアクセス数や
    ページ別のアクセス数を見ていますが、
    それ以上は解析していません。

    また何かあればご質問ください。
    よろしくお願いいたします。

  17. アバター CHI より:

    はじめまして。
    大変貴重な記事をありがとうございます。

    この記事を参考に現在サイト制作し20万円目指しています。

    この手法で作ったメインサイトはアナリティクスやサチコなどに登録していますか?
    それとも芋づるペナなどを考慮して、登録していないですか?

    登録していない場合、なにかでアクセス解析などはしていますか?

    質問だらけで申し訳ないですが、ご意見お聞かせいただけると嬉しいです。

  18. なかじ なかじ より:

    コメントありがとうございます。

    私は階層は意識しません。

    バックリンクサイトに中古ドメインを使うので、
    中古ドメインには元から被リンクが付いてます。

    なので、
    中古ドメインに元からついてる被リンクが3段目、
    中古ドメインで作ったバックリンクサイトが2段目
    という感じですね。

    アンカーテキストが全て同じということで、
    ペナルティの原因は間違いなくコレです。

    他にも要因があるかもしれませんが、
    アンカーテキストが100%同じだと
    確実に自動アルゴリズムに引っかかります。

    アンカーテキストの分散率は人によりますし、
    自演リンクでかなり重要な部分です。

    同じアンカーテキストは20%以下にするのを
    目安にすると分かりやすいと思います。

  19. アバター M より:

    なかじさん初めまして。Mと申します。

    なかじさんは、バックリンクサイトを構築する上で階層は意識されますか?

    私は現在商標サイト1個につき30~50本の被リンクを送ろうと考えています。

    現在5本当てており、来月末までに最低30本は追加します。

    5サイトを上位表示させることを目標としていますが、
    去年、似たようなやり方で夏にペナルティを受けました。

    この時は2階層、1リンク1ドメイン、アンカーテキスト全て同じでした。

    今思えば手間を惜しんでアンカーの分散がゼロだったのが悪いとも思いますが、
    階層が2個だったのも大きいのかな?などと考えています。

    3階層だと直接リンクを送る数が減る分、
    ペナルティを受けづらいという話も聞き、
    どれか1つの商標サイトには実践する予定です。

    階層に関して、なかじさんの経験談や見解など教えて頂けますと幸いです。

    M

コメントを残す


あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

Top