検索意図から読み解く"キーワードから成約までの距離"とサイト構成の考え方

アフィリエイトにおいて「キーワードとサイト(記事)構成」は重要です。そんな超重要なキーワードと構成に関して、アフィリエイト初心者がやってしまいがちな失敗があります。

サイトアフィリ経験者でも特にアドセンス出身者(以下、アドセンサー)が失敗することが多いこと。

それが「検索キーワードから成約までの距離の読み違え」です。

アドセンスとの違いは?

アドセンサーがASPアフィリを始めた直後は「今までの記事はアクセス集めてればよかったけど、商品ってどうやって売ればいいの?」と思うことが多いです。

アドセンスはクリックさせれば収益になります。商品を申し込んだり買ってもらう必要はありません。だから基本的にはアドセンスではアクセス数を増やすことが超重要。クリックしてもらうだけだから、申し込んだり買うという成約の概念がありません。

アドセンサーがアクセスは集められるのに商品が売れない原因は「検索キーワードから成約までの道がイメージできていないこと」にあります。

キーワードに対してアクセスがあるないの概念はあるけど、売れる売れないの概念はないということです。

そこでアフィリエイト初心者やアドセンサーがハマりがちな、検索キーワードと構成の考え方を解説していきます。

アフィリエイトサイトの価値とは

アフィリサイトってなんのために存在すると思いますか?

ただ商品を紹介するだけなら、アマゾンや楽天、公式サイトで十分です。そこにアフィリサイトの存在価値はそこにはありません。

「ユーザーの悩みを解決するため」も違うと思います。アフィリエイトサイトは、ビジネスモデル的に商品やサービスを売ってなんぼです。

アフィリサイトは「売りたい商品までユーザーをつなげるために存在する」と私は考えています(理念的な話じゃなくて、あくまでこの記事を書くための定義)。

ここで「売りたい」と書いたのは、あくまでアフィリエイトサイト運営側の視点で書いているためです。

ここからはアフィリエイトにおいて激戦ジャンルの「薄毛」と「育毛剤」というキーワードを例に解説していきます。

私はジャンルとして「育毛剤」を扱ってないので、そこまでユーザーの検索意図について深く考えたことはないので、あくまで考え方の道筋として参考にしてください。

薄毛と育毛剤は、どちらを攻める?

アフィリエイトでキーワードを考えるときは検索意図と呼ばれる「なぜ、ユーザーがなにを求めてそのキーワードで検索したか」という概念が重要になります。

アフィリエイト初心者やアドセンサーの多くが商品を成約させられないのは、この検索意図が理解できていないからです。

例えば「薄毛」と「育毛剤」というキーワードの違いはわかりますか?

誰でも分かることは、数字で見える検索回数の違いです(ちなみに月間検索回数は17,000回と29,000回)。

そこで検索回数が多い「育毛剤」はライバルが強そうだから、検索回数が少ない「薄毛」というキーワードをなんとなく選ぶ人もいると思います。

これがそもそもダメです。

この2つのキーワードは検索意図が全く違うから、ライバルが多い少ないとかそんな理由で選ぶべきではありません。

検索意図が分からない人がサイトを作ると、薄毛・育毛剤どちらのサイトも構成は以下のようになります。

アフィリサイトの一番上に育毛剤ランキング。ランキングの下には上位表示するために共起語を意識した網羅的な内容の長文記事。

最近のアフィリエイトサイトのイメージなのか、こういう構成で記事を書いている人は多いですね。

特にキュレーションサイトではこういう構成が多いです。育毛剤ランキングがページの下の方に来ることもありますが、ここではランキングの掲載位置は問題ではないです。

この構成はザ・売れないサイトです。

まあとはいえ、上位表示できれば少なからず売れますが、成約率は低いはずです。

その理由は明白で、ユーザーの検索意図や成約までの距離がまったく考えられていないからです。

長文SEOを意識して、共起語をたくさん入れて、網羅的な記事を書こうと意識しているだけの記事です。

確かにそれも重要ですが、より重要なことは検索エンジンよりもユーザーを意識することです。

ここからはどのように検索意図を考えるのか、それをどう構成に落とし込むにはどうするかを解説していきます。

「薄毛」の検索ユーザーの検索意図

売れる構成を考えるには、「薄毛」の検索ユーザーの検索意図を考えましょう。

「薄毛」で検索するユーザーは、なぜ「薄毛」と検索するのでしょうか?

  • 自分が薄毛になった原因を知りたい
  • 薄くなった髪の毛を増やしたい
  • 薄毛になるのを予防したい
  • 「薄毛」って、なんて読む?
  • 薄毛の有名人って誰がいるんだろう

他にもまだまだたくさんの検索意図がありますね。

特に「薄毛」くらい幅が広く大きなキーワードになれば、ユーザーの検索意図は無数にあります。

次はこの中で「最終的に育毛剤を買ってくれるユーザー」は誰かを考えてみましょう。

  • 自分が薄毛になった原因を知りたい
  • 薄くなった髪の毛を増やしたい
  • 薄毛になるのを予防したい

この辺の検索意図を持つユーザーはターゲットになりそうですね。

次はターゲットが自分のサイトに訪問したと仮定して、サイト内で育毛剤をオススメしてみましょう

さっきのダメな構成例だと一番上にあるのは育毛剤ランキングですね。


「自分が薄毛になった原因を知りたい」人に対して「育毛剤ランキングの1位は、この商品です!」

「薄くなった髪の毛を増やしたい」人に対して「育毛剤ランキングの1位は、この商品です!」

「薄毛になるのを予防したい」人に対して「育毛剤ランキングの1位は、この商品です!」


育毛剤を求めていないユーザーに無理やり育毛剤を押し売りしてるのが、分かりますね?

この構成では、なかなか成約はしません。

当たり前なんですが、ユーザーの検索意図と内容がまったく一致していないからです。

髪の毛を増やしたい人は育毛剤を求めてない

薄毛の原因が知りたい人は育毛剤ランキングを求めてませんし、髪の毛を増やしたい人も育毛剤ランキングなんて求めてません。

ここで「髪の毛を増やしたい人は育毛剤ランキング求めてるだろ!」って思ったら、検索意図を自分の都合のいいように解釈しすぎです

ここがまさに、ユーザーの検索意図とあなたの考えがズレている = キーワードと成約までの距離を読み違えているところです。

髪の毛を増やしたい人は髪の毛を増やす方法を探しているだけです。

髪の毛を増やす方法は、育毛剤だけではありません

他にも選択肢はたくさんあります。

  • 育毛シャンプー
  • 育毛サプリ
  • カツラ
  • 植毛
  • 食事
  • 頭皮マッサージ
  • 生活習慣

もっと安く、もっと短期間で、もっと効果的に髪の毛を増やす方法があるなら、ユーザーは育毛剤なんて欲しくありません

育毛剤はこの段階では数ある選択肢の一つにすぎません。ユーザーは育毛剤じゃなくても、なんでもいいんです。

育毛剤をほしがっているユーザーじゃないのに、いきなり育毛剤をオススメしても買ってくれません。

「薄毛」で検索したユーザーに対して、記事の一番上で育毛剤ランキングを見せるのは、まさにこの状態です。

勝手な解釈で「薄毛で悩んでいる人は育毛剤を欲しがってる」と決めつけてサイトを作ると失敗します

アフィリエイトがうまい人は、キーワードから成約までの道のりが恐ろしく綺麗です。ほんと楽しくて読んでたら、いつの間にか商品ほしくなる。そんな構成を作ることがアフィリエイト成功の秘訣です。

薄毛の検索ユーザーに育毛剤を売るための構成(道のり)

ここからは「薄毛」の検索ユーザーに、育毛剤を売るための道のり(構成)を解説していきます。

さっきも解説した通り「薄毛」と「育毛剤」は直結しません。

そういう場合は「自分の髪の毛の悩みを解決するのは育毛剤だ」とユーザーに納得してもらう必要があります。

薄くなった髪の毛を増やしたい → 髪の毛を増やす方法で最適なのは育毛剤 → 育毛剤ランキング → 育毛剤を購入

ざっくり言えば、こんな感じです。

育毛剤をいきなりオススメするのではなく、最適な選択肢が育毛剤だという教育をはさみます。

でも、これでもまだまだ薄毛から育毛剤までは遠いです。現実的にはそんな簡単に「自分には育毛剤が最適!」とはなりません。

「薄毛の悩みを解決する〜育毛剤」の流れは、もっと丁寧に教育する必要があります。

教育方法はたくさんありますが、他の育毛方法のデメリットや育毛剤のメリットを丁寧に説明するのも一つのアイデアです。

例えば、以下のような構成で「薄毛」から「育毛剤」までをつなげてあげます。


「薄毛」で検索したユーザーがサイト訪問

育毛剤を購入


「薄毛」で育毛剤を成約させる構成のポイントを解説

最初に薄毛の原因を短めに書きます。

これは「薄毛の問題を解決するためには育毛剤が最適」と最終的にはつなげるための布石です

次に、髪の毛を増やす方法をいくつか書きます。

選択肢が多すぎても離脱の原因になるので、代表的なものを3〜5つくらい。それぞれのメリット・デメリットも書いてあげると、最終的に育毛剤につなげやすいと思います。

メインは育毛剤なので、ここも要点だけを簡潔に短めまとめましょう。

さらに書くときはデメリットを強調するといいですね。

ここまでは育毛剤の話はあえてせずに、この後で満を持して「これらの悩みを解決する方法は育毛剤」と紹介する方がインパクトありますね。

次は育毛剤を使うメリットを3つくらい書きます。

なんとなく育毛剤を嫌がっているユーザーもいるので、ここでそういうユーザーにも「やっぱり育毛剤がいいのか」と納得してもらいます

「育毛剤が最適だ」とユーザーに納得してもらえたら、次は育毛剤を選ぶポイントを教えてあげます。世の中には育毛剤はたくさんありますからね。

ここで重要なことは選ぶポイントの通りに育毛剤を選んだら、育毛剤ランキング1位にたどり着くこと。

たまにあるんですが「育毛剤の選び方」のコンテンツ書いておいて、ランキング1位が全然違う商品になっているサイトです。例えば「価格が安い育毛剤がいい」って書いておいて、1位がランキング内でも高価格な商品とかはダメです。

もう一つ念のため注意しておきますが、売りたい商品のために、ユーザーの役に立たないことを書いたらダメですよ。

選び方もランキングもターゲットユーザーにメリットのある提案を書くことが重要です。

ユーザーにとって最適な商品は違う

ここはアフィリエイターの腕の見せ所です。

お金があまりない若いユーザーを狙うなら、低価格な育毛剤がオススメ。比較的お金があって悩みが深いユーザーを狙うなら、高価格で有効成分が多い育毛剤がオススメ。

低価格帯の商品を欲しがるユーザーは多いですが、全員が低価格な商品をほしがっているわけではありません。

アフィカスと呼ばれないためにも、きちんとユーザーにあわせた商品を提案してあげることが重要です。

商品のメリットとデメリットはユーザーによって180度変わります。その辺りを詳しく学びたい場合は「ベネフィットライティングと潜在的な検索クエリをペルソナから考える方法」を読んでください。

ランキングにたどり着いたら、育毛剤は勝手に売れる

この構成でユーザーが育毛剤の選び方まで読んでくれれば、ほぼ勝ちです。

ここまで読んだら「育毛剤を買うかどうか」ではなく「どの育毛剤を買えばいいか」に思考が切り替わっているためです

最後に選ぶポイントを満たしているかどうかを明確にしてランキングを見せてあげるだけです。無理にセールスしなくても、勝手に売れていきます。

この構成で成約率が最大化するかどうかは分かりませんが、おそらく最低限の成約率は出るはずです。もちろんデザインや見せ方の要素も大事ですよ。

私は育毛剤ジャンルはやってませんし深くリサーチしてないので、ノークレームノーリターンでお願いします。

この構成も5分くらいで考えたものなので「そんなんじゃ成約しないわ!」とかって超現実的な話はまたの機会にどうぞ。

重要なことは、この構成で本当に売れるかどうかではなく「常に検索意図を考えて、売りたい商品までつなげる意識と必要性」です。

検索意図を意識した構成が作れるかは収益に直結します。アフィリエイトで結果が出てない人は検索意図の理解と構成作りで失敗しています。上位サイトの真似で稼げるならみんなお金もちなので、苦労して考える癖をつけましょう。

1記事を簡潔にまとめる方法

検索意図と成約までの距離を考えていると、どんどん文字数が増え、記事自体が長くなってしまうことがあります。

ユーザーに読み進めてもらうには文章や記事の短さは重要な要素です。

1記事を簡潔にさせるためのコツを知りたい方は「ユーザビリティと内部リンクを意識した個別記事戦略」を読んでください。

「育毛剤」の検索意図と売れる構成

薄毛の検索ユーザーの検索意図と構成を詳しく解説してきましたが、「育毛剤」ならどうなるか。

「薄毛」と違って「育毛剤」なら、もっとストレートな構成でOKです。

「育毛剤」で検索するユーザーは、育毛剤で髪の毛を増やしたいユーザーがほとんどだからです。

自分に必要なものは育毛剤というところまで、ユーザー自身でたどり着いているので、教育などの必要がありません。

「薄毛」の時のように「育毛剤が最適」ということを順序立てて納得してもらう必要がありません。実際の構成では、育毛剤のメリットなどを背中を押す程度に書けばOKです。


「育毛剤」で検索したユーザーがサイト訪問

育毛剤を購入


育毛剤の検索ユーザーなら、このくらいでも十分成約します。

この場合はランキングまでに時間がかかると、逆に離脱の原因になるので注意しましょう。

アフィリエイト初心者に商標をオススメする理由

以上が「キーワードと成約までの距離の違い」についてです。

構成を見てもらえば分かりますが、薄毛と育毛剤では成約までの距離(構成の長さ)が全然違いますね。これを考えるときに検索意図から考え始めます。

ここまで長々と解説してきましたが、こういう検索意図や構成ってものすごく難しいですよね。

解説されれば分かるけど、自分で考えるには・・・という人も多いはずです。

そこでアフィリエイト初心者には商標をオススメしてます

商標ならSEOが簡単という理由ではなく、商標はキーワードから成約までの距離が近いからです。

「チャップアップ」のような商品名(商標)では、検索しているユーザーはすでにこの商品を知っていて、興味があるユーザーです。

サイトに来た時点で、すでに商品を購入することを決めているユーザーも多いため、長々と説明する必要がありません。

つまり「キーワードから成約までの距離」が分からなくても簡単に売ることができます。購入ボタンが置いてあるだけでも、買う人は買いますからね。

商標から一般キーワードへの展開がオススメ

商標でサイトアフィリに慣れて、キーワードへの理解が深まったら、次のステップとして一般キーワードに。これが成功率の高い現実的なステップだと思います。

「薄毛」などの悩み系キーワードとは違い商標は検索数が少ないので、大きな収益は狙いにくいですしね。

キーワードと成約までの距離はキーワードだけでなく、売る商品によっても大きく変わります。

成約までの距離が遠くなればなるほど構成は長くなりますし、売るのも難しくなります

同じベルタ葉酸という商品を売るのでも「葉酸」というキーワードで売るのと、「葉酸サプリ」で売るのでは難しさが全く違うのが今なら分かってもらえるはずです。

競合の少ない&上位表示しやすいクエリを考える方法

商標やビッグキーワード以外の潜在的な検索クエリ(競合が少ないかつ上位表示しやすい)を考える方法は以下の記事を参考にしてください。

成約率の高いキラーページを作るために重要なベネフィットに関しても解説しています。

ベネフィットライティングと潜在的な検索クエリをペルソナから考える方法

まとめ

今まで検索ユーザーを成約させる感覚が分からなかったとしても、この記事を読んでもらえば、少しは理解できたんじゃないかと思います。

ここで書いていることはどこかで読んだ知識ではないですし、誰かから聞いた話でもありません

私がこれまでにアフィリエイトを通じて、いろんなことを経験した中でたどり着いた話です。

だから「キーワードから成約までの距離」と言っていますが、この言葉を他の人は別の意味で使っているかもしれません。また私が言っていることとはまったく違うことを言っているかもしれません。

そこに正解なんてありません。

「どんなキーワードでも関係ない。自分は一番上にランキングを載せる方が成約率が高くなる」という意見もアリです。

重要なことは、画面の向こう側にはユーザーがいるのを意識すること。商品購入を決めるのは、そのユーザー(人間)だということです。

今まで適当にしかサイトを作ってこなかった人は「このキーワードなら、こういう構成で書けば成約するんじゃないか」と考えること自体に意味があります。

もし、そんな視点でサイトアフィリをしたことがなかったなら、この記事がキーワードやサイト構成について考えるきっかけになればと思います。

検索意図と構成はSEOに大きく影響する

SEOで上位表示するためだけに、共起語を盛り込んで網羅的な記事を書く。あとは上位表示するまでリライトを繰り返すことしかできないという人も多いですね。

それで上位表示できればいいのですが、現実的にはそれもなかなか難しいですね。

仮にそれで上位表示できたとしても、必ず壁にぶつかります。

検索意図と大きくずれたサイトを作っていれば、ユーザーの直帰率は高くなり、滞在時間は短くなります

そうなればSEOの評価はマイナスになり上位表示もできません。逆に検索意図をしっかりと理解した上でサイトを作ることができれば、それ自体が強力なSEO対策になります。

余談

今回はキーワード選びは本題ではないので、キーワード自体は適当です。

実際には「薄毛」「育毛剤」なんてキーワードを選んだらとんでもないことになります。またこのキーワードを選んで解説したのは、誰にも迷惑がかからないと思ったからです。

このまま実践したところで、上位表示できるようなキーワードではないので。

売れている商標サイトと設計図を公開しています。

アフィリノオトでは初心者には商標サイトをオススメしています。一般キーワードに比べ、検索意図が圧倒的に分かりやすく、サイトを作りやすいからです。

商標サイトとはいえ検索意図は考える必要がありますし、最低限必要な構成、内容、文章の書き方、見せ方などがあります。これは本来は長い時間をかけて経験を身につけるべきものです。しかし、時間がない人も多いですし、時間をかけて努力してもそれができるようになるとは限りません。

そこで私が作った商標サイトの実例とそのサイトの設計図を以下で公開することにしました。

この商標サイト設計図を読むと以下のようなことが分かります。

  • 私が作った商標サイトが見られる
  • 成功してる商標サイトの型が分かる
  • どうやって作られたか思考方法が分かる

興味があれば、チェックしてみてください。

検索意図が理解できない初心者のための商標サイト設計図

ブログでは書けないウェブ戦略と思考

サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
ブログでは書けなかった裏話や書ききれなかったウェブ戦略まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


メルマガの無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター デジカメおやじ より:

    やり方を書くとライバルが増えて損だとは思いませんか。

    1. なかじ なかじ より:

      コメントありがとうございます!個人的には思わないですね。何千人、何万人と増えたら困りますが、書いたところで正直実際に実践できて結果が出せる人ってほとんどいないと実体験として知っているので、全然問題はないです。有益なことを書いて喜んでもらえれば、私としてはうれしいですよ。ブログへのアクセスも増えるので、仕事の一環としてできますし。

  2. アバター りん より:

    こんにちは。

    トレンドアフィリをやっていて、サイトアフィリに興味のある者です。
    解説がとても分かりやすかったです。

    他の記事もじっくり読んでみます。
    勉強になる記事をありがとうございます。

  3. アバター サクラ より:

    初めまして。
    分かりやすい解説をありがとうございました。
    まさに今まで、上位に表示されている情報をまとめて網羅性を意識することばかり考えていました。

    具体的にどういう構成の記事を書けばいいのか書いてあるので非常にイメージが湧きやすかったです。

    ありがとうございます!

    1. なかじ なかじ より:

      サクラさん

      コメントありあとうございます。

      検索意図って分かりにくいので、
      それをサイトに落とし込むのも
      難しいですよね。

      この記事がお役に立ったなら何より。

      また他の記事も読んでもらえると
      嬉しく思います。

      今後ともよろしくお願いたします。

  4. アバター さいとー より:

    本当にわかりやすい記事をありがとうございます。

    ちなみに、
    上記サイト構成というのは、
    トップページ、個別記事のどちらにあたるものでしょうか。

    おそらくトップページにあたると思うのですが、
    そうした場合、個別記事はどういったものになるのでしょうか。

    おかしな質問で申し訳ないですが、
    お時間あります時にでも教えていただければ助かります。

    1. なかじ なかじ より:

      コメントありがとうございます。
      基本的にはトップページを想定しています。
      しかし個別記事でも同じです。
      重要なことは検索意図から売りたい商品まで
      繋げることですから。
      個別記事は以下の記事を読んでみてください。
      https://affi-note.com/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%A8%E5%86%85%E9%83%A8%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%92%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%81%97%E3%81%9F%E5%80%8B%E5%88%A5%E8%A8%98%E4%BA%8B

  5. なかじ なかじ より:

    コメントありがとうございます。
    お役にたったようでよかったです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  6. アバター きょろ より:

    こんにちは
    すごい詳しい図式でわかりやすかったです
    ライティングページをつくるときの参考にさせていただきます

コメントを残す


あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

Top