SEO対策に関するQ&A

カテゴリー表示
全10件中1〜20件を表示中 | 回答済み | 閲覧多い順 | 古い順 | 条件解除

あわせて読みたいQ&A

あなたも直接質問してみませんか?

アフィリエイトやサイト運営に関する疑問やお悩みを匿名で質問することができます。Q&A公開は承認方式です。

アフィリエイト知恵袋での質問はサイト上で公開します。ウェブで公開できない個人情報等は書かないでください。通常の問い合わせフォームはコチラ(お問い合わせフォーム)。

カテゴリー一覧

  • 新着Q&A
  • ライティング
  • 初心者
  • 戦略
  • サイト設計
  • サイト運営
  • ジャンル
  • 商品
  • キーワード(クエリ)
  • 外注
  • ツール
  • SEO対策
  • ブラックSEO
  • 自演リンク
  • アンカーテキスト
  • ペナルティ
  • IP分散
  • サテライト(バックリンク)
  • 中古ドメイン
  • アドセンス
  • 広告
  • その他
  • ブログでは書けないブラックな話

    サイトアフィリエイトのネタはブログでは書きにくいことも多いです。そこでブログでは書けない情報も発信するためにメルマガを配信しています。
    ブログでは書けなかったブラックな話や書ききれなかった裏話まで、メルマガ読者限定で配信しています。ブログの更新よりも、メルマガ配信の頻度が圧倒的に高いです。


    メルマガの無料登録はこちら

    SNSでもご購読できます。

    SEO対策に関するQ&A

    雑記ブログで健康系の記事があると、全体のSEOにも影響する?

    アフィリエイト初心者です。

    私の雑記ブログでは、半分くらい健康ジャンルのことを書いています。

    健康アップデートなるものがあったと最近知ったのですが、この場合健康ジャンルについての記事があったら、ブログにある他のジャンルの記事のPVも下がってしまうのでしょうか?


    なかじからの回答

    あくまで私の考えですが、別に関係ないと思います。

    確かに2017年12月に健康アップデートがあり、健康系のクエリ上位にいたアフィリエイトサイトがホワイトブラック関係なく、ほぼ例外なく飛ばされました(クエリによりますが)。

    その後色んなジャンルの色んなクエリにアップデートが来ているような印象がありますが、これで健康系が全くダメというわけではありません。

    健康系でも全く影響ないようなクエリもいくつか確認しています。だから健康系の記事があるだけで、サイト内の他の記事のSEOに影響があるということはないでしょう。

    大手メディアであれば色んなカテゴリの記事があり、その中には健康系の記事もたくさんあるはずです。そうなれば大手メディアは軒並みPV数が減少することになるはずです。

    まあ健康系の規制が厳しくなっているのは確かなので、今後はその辺よりも他のジャンルの記事を増やすという戦略でもいいと思います。

    逆にライバルがいないうちに健康系を強化するという人もいるので、そこは人それぞれですね。

    複数ドメインから1つのドメインにリダイレクトさせるとSEOは、どうなる?

    あるジャンルですが、横展開で5年前から複数ドメイン(30ほど)でサイト運営しています。

    管理が大変なので、最近これらを一つのサイト(ドメイン)にまとめようかと思いましたが、SEO的にはどうなのでしょうか。

    ページ単位で301リダイレクトを複数ドメインから一つのドメインへ送っても、問題ないでしょうか。

    心配なのは、複数ドメインで現状維持している各キーワードの順位が、一つのサイトにまとめる事で落ちないか、複数ドメインから一つのドメインへ301リダイレクトする事で、グーグルから何かしらのペナルティが考えられるのか、の2点です。


    なかじからの回答

    すごく勝手なことを書かせてもらうと「管理が大変だからドメインをまとめるために1つのドメインにリダイレクトする」というのは建前の気がします。そっちは建前で、複数リダイレクトによるSEO効果を狙っているような気はします。

    管理が大変でまとめようと思えば、サイトのコンテンツをどこかのサイトに移動させるのが王道な気がします。複数サイトから1つのサイトにリダイレクトさせること自体が非常に不自然なので、そこにペナルティを与えられる可能性は高いです。

    まあ別ドメインの新しいページに元ページからリダイレクトさせる感じかもしれませんが、30サイトのページを集約するとなると、おそらくすごい数のリダイレクトになりますよね?

    30個のドメインから、1つのサイトに少なくともリダイレクトが数百かかることになります。まあいずれにせよ検索エンジンから見れば不自然極まりないと思います。

    順位が落ちることを心配するのであれば複数サイト運営がいいと思いますし、順位が落ちるリスクを考えても管理が面倒なことが問題ならまとめればいいかと。

    リダイレクト自体はページ単位でするものではなくて、サイトを引っ越した際にするのが本来の使われ方だと思うので。

    まあ動機的にはこんな感じなんですが、このリダイレクトするって発想はすごく面白い発想なんですよね。

    割とよくあるのが、完全にSEO目的で複数の中古ドメインから1つのドメインにリダイレクトさせてSEOに強いドメインを作ろうとしてる人もいます。

    それはそれで一定のSEO効果があると思ってますが、検索エンジンから見れば不自然なものだと思うので、ペナルティのリスクは高くなりますね。そこを承知の上であれば、非常に面白いSEO実験になります。

    既存記事の修正追記したら、新しいサイトマップをサーチコンソールに送信する?

    既に投稿済みの記事の修正や追記をした時に、更新した日時のサイトマップ(xmlファイル)でサーチコンソールに通知した方が良いのでしょうか?

    xmlのサイトマップで新しい日付の物が優先されたり、新しい情報は優先されると解釈しているので、グーグル側に更新し最新の情報だと早く気づいてもらう方が良いのか、日付を変えず古くから取り上げている(その情報を最初に取り上げた)記事だと言う事を主張した方が良いのかいつも迷います。


    なかじからの回答

    サイトマップ更新をサーチコンソールに通知するメリットってあるんでしょうか・・・

    カテゴリを変更したり、サイト内の記事を大幅に増減させた場合には、サイトマップを更新してもいいでしょう。サイト内を大幅に変更しない限りは新しいサイトマップを送信する意味はないかと。

    既存記事の修正を追記した場合には、その記事URLだけをフェッチしてます。

    更新したからといって、作成日が更新した日に書き換わることはありません。

    おそらくGoogleの内部の挙動としては「最初にインデックスした日」と「更新した日」は分けて管理しているはずです。

    修正加筆を繰り返しても初回インデックス日はそのままで、更新日がどんどん書き換わるだけです。初回インデックス日が古く、更新日が最近のものが一番SEO的には評価されるだろうと思います。

    個人的にGoogle側が今後重視するのは「情報の鮮度」だと思っています。

    情報の正確性、専門性、信頼性は文章を解析することである程度の判断ができます。しかし、その情報の鮮度というのは客観的なデータから判断するのはとても難しいです。

    「5年前はxxだったけど、現在ではyyが定説」というのはよくありますよね。特に健康ジャンルでは多いですね。

    そういうものを見抜くことは正確性や専門性を見抜くよりもはるかに難しいと思います。なぜなら、5年前にはxxという情報で正しかったという事実があるからです。

    そういう意味で情報の鮮度は重要で、それを客観的にGoogle側に伝えられるような工夫が今後は必要になってくるだろうとは思っています。

    SNS広告とブラックSEOを併用する手法のSEO効果は?

    これから新しく作成するサイトはSNS広告を使うとともに、サテライトからリンクを当ててブラックSEOで上位表示も狙えないかと考えています。(SNS広告からのアクセスも評価になるのではと考えています)

    ただ、SNS広告の良さは上位表示するためのグーグル向けのキーワード無しでアクセスを集められることだと思っているので、二兎追うものは…という状況を懸念しています。

    なかじ様はSNS広告とブラックSEOの併用をしたことがありますか?


    なかじからの回答

    SNS広告を使うことでSEOにいい影響が出るのではないかという発想自体はすごくいいと思います。そういう仮説はどんどん立てて検証していくべきです。

    が、結局は何が聞きたいのかよく分からないんですが・・・

    ・SNS広告でアクセスを集めるSEO効果
    ・SNS広告とブラックSEOの併用の効果

    前者であればSEO効果がないとは言いませんが、まああまり関係ないでしょう。SNSからの流入をGoogleが把握できるわけではありませんので。

    リスティング広告に関してもSEO評価には関係ないとGoogleが明言しています。

    私はSNS広告とブラックSEOの併用はしていません。

    SNSからのトラフィックがSEO評価にそこまで影響があるとは思えないので、そこに時間とお金を使うくらいならブラックSEOを頑張る方がいいでしょう。

    懸念されていることはよく分かりません。

    今回の相談はSNS広告をSEO評価のために使いたいということですよね。

    SNS広告でコンバージョンを狙うというなら話は別です。SEOで集客する目的のサイトでSNS広告を使ってもコンバージョンすることは難しいです。集客方法によってユーザー属性がまったく違います。SNS広告で成約させたいなら、専用のサイトを作成する必要があります。

    SNSもリスティング広告の出稿するには厳しい審査があります。そのため、そういう審査に通過できるページを作るというのはSEOにいい影響を与えると思います。

    Google Adwordsであれば、条件検索や検索結果のソート機能が必要です。Googleがそれを推奨している以上は、そういった機能をを実装すればSEOにもいい影響が出る可能性は高いです。

    「キーワード+地域名」ページを量産する場合の注意点とオススメの方法は?

    私の取り組んでいるアフィリエイトのジャンルでは、都道府県ページのような、地域名意外はほとんど内容の変わらない重複したページを作成することがあるのですが、先日、「キーワード+都道府県」での検索順位が、5~15位くらいだったのが、一気に90位前後まで下がってしまいました。

    今後は各ページの内容が重複しないように修正しようと考えていますが、今回のケースのように同サイト内に地域ページのような、重複するコンテンツのページを作る場合に何かおすすめの対策などありましたら、教えていただけないでしょうか?


    なかじからの回答

    「キーワード+地域名」のページはアップデートで評価を下げられましたね。

    重複コンテンツとしてGoogleに判定されないようにリライトするしかありません。

    もし検索エンジンからの流入を狙わないのであれば、カノニカルタグやnoindexを使うなどしてサイト内に重複コンテンツを存在させてもよいです。

    地域名だけを変更したコンテンツで検索エンジンからの集客を狙うということにかなり無茶があると思いますね。

    地域名は市区町村まで入れれば数百は軽く超えますよね。1記事書くだけで数百ページを量産できるような手法はGoogleにとっては迷惑な話ですので。

    確定20万円あったVODサイトがアップデートで収益激減。ブラックSEOで立て直せる?

    私は2017年の10月よりVODサイトを運営しており、1月は年末年始のラッキーもかさなって、20万円確定させる事が出来ました。

    ですが、1月下旬の(おそらくアップデートで?)全体的に順位が下がってしまい、PVも半減してしまい、それ以降は1件発生したらラッキー的な状態になってます。

    何とかして上位に戻したいと思っています。

    そこで、ブラックseoに取り組もうか悩んでるのですが、VODサイトでも通じるのでしょうか?


    なかじからの回答

    確定報酬20万円を達成したというのはかなり立派ですね。

    ひとまず手法が間違っておらず、努力しているということはよくわかります。アップデートで順位が下がったのは残念ですが、アフィリエイトをする上で仕方ないことかと思います。

    ブラックSEOに関してですが、ジャンルは関係ありません。VODとかジャンルは全く関係なく有効です。ブラックSEOが通じないものはリンクが全く評価されないクエリやジャンルです(そんなものはないと思いますが)。

    ただ、どんなVODサイトを作っているかによってブラックSEOが向いてる向いてないはあると思います。わたしがVODサイトやるならブラックSEOよりもホワイトでやろうとすると思いますし。

    現在ほとんど収益がなくてペナルティを受けてもいいから、少しでも復活させたいということなら自演リンクはありですね。一気に順位が戻って発生するかもしれませんので。

    まあその辺は自己責任ということで実践してください。

    複合クエリで1位だけど、単体クエリで圏外。この時にできるSEO対策とは?

    「◯◯ おすすめ」というキーワードで上位表示(1位)されているのですが、「◯◯」というキーワードでは圏外。「◯◯」を上位表示させるために、なかじさんならどんな施策を講じますか?


    なかじからの回答

    特別なSEO対策って特にしないと思いますね。

    理由は至極シンプルで「xx おすすめ」では相対的に1位になれるSEO評価だけど、「xx」単体では100位圏外になるくらいにSEO評価が低いんですよ。

    だから、何かをどうしたら「xx」でも上位表示できるというわけではなく、すべてのレベルを引き上げる必要があります。

    引き上げるべきすべてのレベルが何になるかは、ここでは割愛させてもらいますが「内的要因」「外的要因」を「xx」単体で上位表示しているサイトに負けないくらいに強化しましょう。

    内的要因で一つ具体的にあげるとすれば。

    「xx」単体クエリで上位表示されているサイトに書かれている内容と自分のサイトに書かれている内容がどう違うかをよく見ることです。

    例えば「xx おすすめ」と「xx」では検索意図がまったく違いますね。複合に「おすすめ」を含むクエリより単体クエリは多くの検索意図を持ったユーザーが訪問することになります。

    そういった多くの検索意図を持ったユーザーの検索欲求を満たせるようなサイトやページになっているかどうか。

    ここはひとつのポイントにはなるかと思います。

    バックリンクサイトとメインサイトはジャンルを一致させる必要がある?

    バックリンクのジャンル分けについて

    1つのバックリンクからメインサイトへリンクを飛ばすのは5サイトまでとのことですが、バックリンクはジャンルは気にせずリンクを飛ばしても大丈夫でしょうか?

    例えば、健康食品と化粧品と転職のメインサイトに1つのバックリンクからリンクを飛ばすと、そのバックリンクは3つの異なるジャンルにリンクを飛ばしている為、メインサイトがペナルティを受けやすくなるのかなと思いました。

    ここらへんは気にせずリンク飛ばしていますか?

    それとも健康食品のバックリンクは健康食品のメインサイトにしかリンクを飛ばさないようにしていますか?


    なかじからの回答

    バックリンクサイトとメインサイトのジャンルマッチに関しては質問が多いのですが、結論から言えば私はあまり気にしません。ジャンルマッチさせられるならさせる方がSEO効果は高いだろうと思いますが、ジャンルが違うからと言ってSEO効果がなくなるわけではありません。

    ここで考えなければいけないことは、どのようなバックリンクサイトを作っているのかということです。

    オリジナル記事を使った品質の高いサイトであれば、Googleなどの検索エンジンは何かのジャンルに特化したサイトと判断する可能性はあります。そういう高品質なサイトからのリンクはジャンルマッチしていれば大きなSEO効果を発揮すると思います。

    しかし、ツールで自動生成した記事を使ってバックリンクサイトを作っているのであれば、ジャンルマッチはほとんど関係ないです。記事の品質自体が低いので、少しくらいジャンルが一致しているからといってSEOの効果は大きくならないだろうと考えるからです。

    あとは作業や予算とのバランスで決めていけばいいと思います。ジャンルマッチさせた場合でも作業量も予算も十分に確保できるのであれば、その方が良いです。しかし、そうでないのであれば、ジャンルマッチしないサイトからも発リンクする方がコスパはよくなると思います。

    あくまで私の個人的な考えですが、ジャンルマッチしないサイトへの発リンクでペナルティになる可能性は限りなく低いでしょう。

    なぜなら、そんなことを気にしているのはアフィリエイターなどのウェブ業界の人だけだからです。一般の主婦や趣味でホームページを運営している人がそんなことを気にするでしょうか。

    おそらくですが、一般の主婦は発リンクやペナルティという言葉さえ知らないのではないでしょうか。その人たちがお気に入りのブログやサイトに自分のサイトから発リンクしただけでペナルティになったらたまりませんね。

    近くのパン屋、好きな芸能人、旅行、夕食、料理、子ども、テレビ番組、映画、ファッション、子育てなど様々なジャンルのことを書いて、リンクを貼ります。一般のサイトではそれが普通のことです。

    私が発リンクするときもジャンルはあまり気にしていませんね。前述の通り、ジャンルを一致させられる方がいいですし、一致させられるときはそうしていますが、それが難しい場合には気にせず発リンクします。

    極端な例を出せば、浮気調査のバックリンクサイトから健食のメインサイトへリンクしたこともあります。もちろん、この健食のサイトは上位表示できました。

    バックリンクサイトからの発リンク数は1本?それとも複数?

    本日トップページのライティングが終わり、明日から自演リンクの貼り付けに進もうと思っています。

    そこで質問なんですが、1つのバックリンクサイトにつき、メインサイトへのリンクは1件でしょうか。それとも、各投稿にリンクを付けるのでしょうか。

    読解力がなくこの点が読み取れなかったため、恐れ入りますがご教授いただけますでしょうか。


    なかじからの回答

    バックリンクサイトからメインサイトに送るリンクの本数は個人差があります。1バックリンク=1メインサイトの人もいれば、1バックリンク=30メインサイトという人もいます。

    この辺りのことを考える時にはSEO効果も重要なんですが、予算も考慮する必要があります。

    例えば、1バックリンク=1メインサイトの場合は、毎回中古ドメインを用意する必要がありますね。単純計算すると1バックリンク=30メインサイトとするより30倍の費用がかかります。

    どのくらいの頻度でどのくらいの自演リンクをしているかが分からないのですが、そう言ったことも考慮する必要がありますね。

    せっかくなので、もう少し具体的に考えてみましょうか。

    仮に、中古ドメインを1本3000円。メインサイトを10個所有していて、それぞれのメインサイトに毎月5本ずつ被リンクを増やすとしましょう。そうすると毎月のべ50本のバックリンクが必要になります。

    それぞれのバックリンクサイトからの発リンク数によって、必要な費用がどのくらい変わるのかを見てみましょう。

    1メインサイト 150,000円
    2メインサイト 75,000円
    3メインサイト 50,000円
    4メインサイト 37,500円
    5メインサイト 30,000円
    10メインサイト 15,000円
    15メインサイト 10,000円
    20メインサイト 7,500円
    30メインサイト 5,000円

    それぞれ1つのバックリンクサイトからいくつのメインサイトへ発リンクするかということです。保有するメインサイト数によっても変わるので、参考程度。

    で、1バックリンク=1メインサイトって言ったら、毎月この費用は出せますか?多分多くの人にとってはかなりキツイ費用ですよね。そうなるとSEO効果云々はさておき、1バックリンクからの発リンクを増やさないと仕方ありません。

    さて、あと気になることといえば、1バックリンクから複数の発リンクするとペナルティを受けるかどうかということですね。

    理想は1バックリンク=1メインサイトの方がペナルティには強いです。1バックリンクから複数のメインサイトに発リンクした場合、芋づる式でペナルティを受ける可能性もあります。あくまで可能性ですよ。

    だから、なるべくペナルティのリスクを下げたいなら1バックリンクから発リンク1本が良いです。ただ、バックリンクから複数発リンクしたところで、それらが芋づる式にペナルティを受ける確率はかなり低いと思ってます。

    そのため、1バックリンクからある程度は発リンクしてもいいというのが私の考え方です。

    何本くらいがいいかということは明言できませんが、予算とペナルティなどのバランスを考慮すると5本くらいが無難ではないかと思います。あくまで目安でこれが3本でも10本でも良いです。

    重要なことは上位表示できるかどうかです。

    発リンク5本で上位表示できなければ、発リンク数を減らしたり、逆に発リンク数を増やして、全体の被リンク数を増やすというのもアリです。

    低品質ペナルティを受けた場合の対応方法と再審査リクエスト

    先日サイトが一気に順位が下がったのでサーチコンソールで調べてみると手動ペナルティを食らってしまいました。

    内容は「価値のない質の低いコンテンツ」でした。

    記事は自分で書いた記事と自動で作った記事の2:8ぐらいの比率でしたが半年ほどは上位表示されていました。

    そしてここで手動ペナルティを食らってしまったわけですが、この場合新しくドメインを作り直した方がいいのでしょうか?(作り直した場合自動で作った記事は全て削除)

    それとも今あるサイトのまま自動で作った記事だけをすべて削除して再審査をリクエストした方がいいのでしょうか?

    再審査をリクエストするとブラックで作っていたのがばれて被リンク元から別で送っているサイトもグーグルから発見され、落とされるような気がして心配です。(今回落とされたサイトだけサーチコンソールに登録しましたが、他のサイトは登録しておりません)

    なかじーさんの場合はどうしているのでしょうか?


    なかじからの回答

    そもそもですが、メインサイトで自動の記事を使うべきではありませんでしたね。メインサイトの記事は収益や上位表示目的ですから自動生成した記事を使うメリットはありません。

    手動ペナルティを受けてしまった場合の施策はいくつかあります。

    1.ドメイン載せ換え
    2.再審査リクエスト
    3.サイトを捨てる

    手動ペナルティを受けたサイトは、そのままでは上位表示することができません。サイト評価にペナルティが課されているため、一定の順位以上には上がらなくなってしまいます。そのため、そのペナルティ自体をなんとかしなければいけません。

    以前まで一番多かったのは、ペナルティを受けた原因を解決して「再審査リクエスト」を送ることだとだと思います。再審査リクエストに通れば、そのままのドメインで再び上位表示を狙うことができます。しかし、最近では再審査リクエストもかなり厳しくなってきているようです。

    最近、私は再審査リクエストをすることがないのですが、話を聞く限りでは「再審査が通らない」「再審査に出したら、ほかのサイトまで芋づる式でペナルティを受けた」などのよくない話も聞きます。まあ噂程度なので、どこまで信憑性があるかは別にしても、なるべくリスクは最小限にとどめたいです。再審査に出してもペナルティが解除される可能性もかなり低いようなので、無理に再審査に出すメリットは小さいです。だから、私は再審査はあまりオススメしていません。

    「サイトを捨てる」というのも選択肢の一つです。が、今まで時間とお金をかけて作ってきたサイトをそのまま捨てるのはもったいないですね。低品質の手動ペナルティということですが、そのコンテンツが絶対にペナルティを食らうかといういえばそんなことはありません。同じコンテンツでも時と場合によってはペナルティを受けないこともあります。運次第といえば、そうなります。

    だから、私がオススメするのは「ドメインの載せ換え」です。ペナルティを受けたサイトのトップページをすべて書き換えて、新しいドメインに載せ替えましょう。古いドメインから新しいドメインにサイトを引っ越しすればいいです。ワードプレスであれば引っ越しのプラグインなどもあるので割と簡単にできるはずです。この時に古いドメインから新しいドメインに301リダイレクトなどはしません。ペナルティを受けたサイトから新しいサイトにリダイレクトすると、ペナルティを引き継ぐ可能性があります。

    その場合は古いサイトをサーチコンソールから削除申請を出して、検索結果から消えた状態で新しいサイトを公開すると良いでしょう。

    ブラックSEOならサイトを引っ越ししたら、バックリンクサイトのアンカーテキストも変更しておきましょう。徐々に変更するか一気に変更するかは個人差があると思いますが、私は一気に書き換えることが多いです。今まで長い期間かけてつけてきたリンクを一気に送って大丈夫かと思うかもしれませんが、私はそれで問題なく順位が上がりました。

    私の事例で言えば、あるクエリでもともと1位にいたサイトがペナルティを受けて圏外に飛ばされました。そこでドメインを載せ替えて、アンカーテキストを一気に変更したところ、数ヶ月後に新しいサイトが上位まで戻ってきました。その間は特にほかのSEO対策などはしておらず、コンテンツも古いサイトとほぼ一緒だったはずです。

    アフィリエイトをやっているとペナルティのリスクは少なからずあります。それはホワイトSEOでもブラックSEOでも同じです。特にブラックSEOはペナルティを受けやすいですが、それはブラックSEOの特徴でもあります。ここで重要なことはブラックSEOはペナルティを受けるからダメということではなく、ペナルティを受けても対策をすることはできるということです。

    参考にしていただければ幸いです。